野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島が開幕カード3連勝、3連覇に向け好発進 それでも緒方監督「厳しい戦いが続く」

広島は1日、マツダスタジアムで行われた中日戦に8対3で勝利し、開幕カードを3連勝で飾った。リーグ3連覇に向け、これ以上ない形で好スタートを切った緒方監督は「打線のつながりがある。この3連戦はいい集中力で戦えた」と満足そうだった。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

4番の鈴木がスタメンを外れたが、打線は3戦連続2桁安打と好調

 広島は1日、マツダスタジアムで行われた中日戦に8対3で勝利し、開幕カードを3連勝で飾った。リーグ3連覇に向け、これ以上ない形で好スタートを切った緒方監督は「打線のつながりがある。この3連戦はいい集中力で戦えた」と満足そうだった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 4番の鈴木が下半身の張りでスタメンを外れたが、今季初スタメンの下水流が先制弾を含む2安打1打点の活躍。4番に入ったエルドレッドは7回にダメ押しの3ランを放つなど、3試合連続2桁安打の猛攻で中日を圧倒した。

 緒方監督は「びっくりするよね。ナイスバッティングだった」と下水流の活躍に驚いた様子で「こういうチャンスをものにしてくれれば、本人も自信になるはずだし、チームにも勢いがつく」と、控え選手のさらなる活躍に期待した。

 先発の大瀬良は6回途中に両足太ももの張りで降板となったが、2失点で勝ち投手になった。「まず、第一はピッチャー」と投手陣を勝因に挙げた指揮官は「本当にいい球を投げていた。アクシデントがあったけど、ナイスピッチングだった」と大瀬良に合格点を与えた。

 会心のスタートに「まずはいい流れの3連戦だった」と喜んだ指揮官だが、「まだ3試合。次のカードに投げる先発陣がどうなるかわからないし、これから厳しい戦いが続く」と、最後は気を引き締めていた。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」