野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

開幕3戦で早くも成果 ロッテ井口監督が勝ち越しに手応え「チームとして機能」

開幕第2戦で監督就任初勝利を挙げたロッテ井口資仁監督は、1日の楽天戦で5-4と1点勝負をモノにして、開幕カードの勝ち越しを決めた。

ロッテ・井口資仁監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・井口資仁監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

走塁の意識改革がチームに浸透、チーム一丸となった勝ち越し

 開幕第2戦で監督就任初勝利を挙げたロッテ井口資仁監督は、1日の楽天戦で5-4と1点勝負をモノにして、開幕カードの勝ち越しを決めた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「いい形で序盤に点が取れた。(5番の)鈴木大地も2つのバント。しっかりチームとして機能した。(1つ先の塁を狙う走塁の意識改革を含め)キャンプでやってきたことを、この3試合で発揮できた。(8、9回と)完璧に抑えたので、明後日からの試合が楽しみだ」と口調も滑らかだった。

 先発・酒居は球数が多く、3回に先制されたが、その裏に荻野、藤岡裕、中村が3連打で反撃開始。1死後に鈴木がきっちり送って二、三塁とし、ルーキー菅野が2点タイムリーで4-1と逆転した。

 4回には荻野に今季1号のソロアーチ。6回に酒居が崩れて3点を失い1点差にされたが、勝利の方程式ともくろむ新外国人シェッパーズと、3連投になった内のリレーがはまり逃げ切った。

「最初のカードを勝ち越せたので、次からしっかり戦っていきたい。ルーキーも含め、(チーム)全員がしっかり試合に入っている」とチーム一丸となった勝利を喜んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」