野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ酒居が苦しみながら初勝利 打線と風に感謝「100%野手の方のおかげ」

ロッテの2年目・酒居知史投手がバックの好守とリリーフ陣に助けられ、今季初勝利を挙げた。1日の楽天戦に先発し、6回途中を8安打4失点、133球を投げて降板。だが、マウンドを継いだ松永、有吉、シェッパーズ、内のリレーに救われた。

ロッテ・酒居知史【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・酒居知史【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

6回途中を4失点も何とか勝利「戦略に迷いがあった」

 ロッテの2年目・酒居知史投手がバックの好守とリリーフ陣に助けられ、今季初勝利を挙げた。1日の楽天戦に先発し、6回途中を8安打4失点、133球を投げて降板。だが、マウンドを継いだ松永、有吉、シェッパーズ、内のリレーに救われた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「戦略の迷いがあり、無駄球も多かった。今日勝ち星がついたのは100%野手の方のおかげ。あとは風がありがたかった」と振り返る。2回、アマダーに完璧に捉えられた打球が左翼へ飛んだ。「100%ホームラン」と覚悟した大飛球だったが、風速11メートルの逆風に助けられて柵越えを免れた。

 3回にはペゲーロにフォークを拾われ先制タイムリーとされるも、その裏に打線が奮起。荻野から始まる打順で、この日が公式戦初登板初先発だった楽天・池田に5安打と襲い掛かり、4-1と逆転してくれた。さらに、4回には荻野にソロアーチが飛び出すなど楽勝ムードとなったが、6回に銀次と代打・藤田に連続タイムリーを浴び、松永のリリーフを仰いだ。

 被安打8だが、打たれたのはペゲーロの2安打を含む7本が左打者で、昨年からの課題が解消されていない。オープン戦最後の登板となった中日戦では、左打者対策の新球カットボールも投げたが、「今日は正直試していない。左の多い打線に対して、もっと楽な投球ができたと思う。今年一年、しっかりできるように毎日練習していこうと思う」と、カットボールの習得を第一目標に掲げた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」