野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 白星デビューの投手・大谷翔平に米メディア“手のひら返し”「争奪戦の理由を証明」

白星デビューの投手・大谷翔平に米メディア“手のひら返し”「争奪戦の理由を証明」

エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地でのアスレチックス戦で投手としてメジャー初先発初勝利を飾った。6回を投げて1被弾を含む3安打6奪三振1四球3失点(自責3)。オープン戦では防御率27.00と乱調だった日本人右腕に対して、懐疑的な見方を強めていた米国メディアだが、「美しいスプリット」「全球団が争奪戦を繰り広げた理由を証明した」と“手のひら返し”で称賛モードに入った。

初先発で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
初先発で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

投手デビュー戦は6回3失点で勝利投手「全球団が争奪戦を繰り広げた理由を証明」

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地でのアスレチックス戦で投手としてメジャー初先発初勝利を飾った。6回を投げて1被弾を含む3安打6奪三振1四球3失点(自責3)。オープン戦では防御率27.00と乱調だった日本人右腕に対して、懐疑的な見方を強めていた米国メディアだが、「美しいスプリット」「全球団が争奪戦を繰り広げた理由を証明した」と“手のひら返し”で称賛モードに入った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 3月29日(同30日)の開幕戦には「8番・DH」で打者としてデビューしていた大谷。球団によれば、開幕戦に野手で出場し、その10日以内に投手として先発する二刀流は、1919年のベーブ・ルース以来99年ぶりの出来事。23歳の若武者はメジャーの歴史に名を刻んだ。

 初回は圧巻だった。先頭セミアンからスプリットで空振り三振を奪うと、2死から3番オルソンへの初球で最速160キロを計測。2回にチャップマンに3ランを浴びたが、そこで崩れなかった。

 米「ヤフースポーツ」は「ショウヘイ・オオタニがエンゼルスデビューで力強い先発試合。序盤のホームランから立ち直った」と速報した。オープン戦では苦しんだ大谷について、記事では「ショウヘイ・オオタニのメジャー初先発での(投げ始めてから)束の間の瞬間においては、批評家が正しいかに見えた」と指摘。2回の3失点を不安視していたことに触れながら、「しかし、オオタニは崩れなかった。その代わりに、自分自身を取り戻した。メジャーリーグのピッチャーとしてのデビューでA’s(アスレチックス)を完璧にシャットダウンさせた」と称賛している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」