野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 楽天は星野仙一氏の背番号を永久欠番に プロ野球「77」の歴史

楽天は星野仙一氏の背番号を永久欠番に プロ野球「77」の歴史

背番号「77」は、NPBでは、1963年に巨人の左腕投手、古沢勝がつけたのが最初だ。古沢は1年で背番号を「50」に変更。続いて1965年から巨人の監督、川上哲治がつけた。

北京五輪では日本代表監督を務めた星野仙一氏【写真:Getty Images】
北京五輪では日本代表監督を務めた星野仙一氏【写真:Getty Images】

背番号「77」を最初につけたのは1963年・巨人の古沢勝投手

 背番号「77」は、NPBでは、1963年に巨人の左腕投手、古沢勝がつけたのが最初だ。古沢は1年で背番号を「50」に変更。続いて1965年から巨人の監督、川上哲治がつけた。

 川上哲治は巨人草創期から活躍した大打者、1958年に引退し、コーチ、監督に就任してからもずっと「16」をつけていたが、1965年に「77」に変更。「深い考えはなくて、テレビで『サンセット77』というアメリカのドラマが流行っていたから」と本人は語っている。この年、「16」は巨人の永久欠番になった。

 この背番号に変えた1965年から巨人は史上空前の9連覇を果たす。この間、日本シリーズもすべて優勝。球史に残る「V9」だ。選手、スタッフ数が増えたこともあって、川上以降、各球団に「77」をつけるケースが増えるが、多くはコーチ、打撃投手などの裏方だった。

 監督で川上の次に「77」をつけたのは、ロッテの山本一義。広島の強打者だった山本は、1982~83年、ロッテの監督を務め「77」をつけた。1982年には落合博満が3冠王を獲得している。その次の監督の「77」が星野仙一だった。中日の投手時代は巨人戦にことさらファイトを燃やし、歴代6位タイの35勝(31敗)を記録した星野だったが、引退後は川上哲治とゴルフをするなど親しく交流。1987年に中日の監督に就任する際に、川上に「77」をつけたいと申し入れ快諾されたものだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」