野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平がチーム救世主に!? 米メディア言及「エンゼルスの見方が変わる」

大谷翔平がチーム救世主に!? 米メディア言及「エンゼルスの見方が変わる」

1日(日本時間2日)、敵地でのアスレチックス戦でメジャー初先発初勝利を飾ったエンゼルス大谷翔平投手。2回にチャップマンに3ランを浴びたが6回3安打6奪三振3失点の好投を見せた。最速160キロの直球に宝刀スプリットを駆使し立ち直った右腕に、現地の解説者からも「手に負えない程の直球の質」と称賛の声が上がっている。

メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米ラジオ局で解説の元新人王も感心「1週間に一度のペースでこの結果を残すなら」

 1日(日本時間2日)、敵地でのアスレチックス戦でメジャー初先発初勝利を飾ったエンゼルス大谷翔平投手。2回にチャップマンに3ランを浴びたが6回3安打6奪三振3失点の好投を見せた。最速160キロの直球に宝刀スプリットを駆使し立ち直った右腕に、現地の解説者からも「手に負えない程の直球の質」と称賛の声が上がっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 初回からエンジン全開だった。先頭・セミアンをスプリットで空振り三振を奪うと、2死から3番オルソンへの初球で最速160キロを計測。2点リードの2回にチャップマンには逆転3ランを浴びたが、そこで崩れなかった。3回を3者凡退、4回も四球で走者を許したが後続を打ち取り無失点。5、6回も再び3者凡退で締める好投だった。

 序盤は力のある直球で押し、中盤からはスライダー、スプリットを織り交ぜる組み立てで立ち直りを見せた内容に、米ラジオ「MLB Network Radio on SiriusXM」でも歓喜の声が上がった。実況は「全体的に彼の今日の登板は圧倒的でした。彼は(彼自身を)誇りに思うべきです」と大谷の投球を称賛。

 オープン戦では痛打を浴びていた直球は最速160キロを計測し、高めのボールで何度も空振りを奪った。実況は狙いやすい高め中心の配球だったにも関わらず、相手打者が苦戦した様子に「手に負えない程の直球の質」「ほとんど攻略ができていませんでした」と伝えている。

 開幕前には大谷には賛否の声も上がっていたが、メジャー初登板で見せた圧巻の投球に、米メディアの評価は一変した。解説を務める元ドジャース二塁手で1982年の新人王スティーブ・サックス氏は、「もし1週間に一度のペースでこのような結果を彼が残すなら、エンゼルスの今後に対する世間の見方が変わることでしょう」と、大谷がチームの救世主になる可能性があることも言及している。

 2014年以来プレーオフ進出から遠ざかっているエンゼルスだが、大谷の加入がチームの命運を変えることになるのだろうか。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」