野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ金子が7回途中4失点で黒星スタート 「粘りきることができませんでした」

オリックスの金子千尋投手が3日、ホーム開幕戦となったロッテ戦(京セラドーム)で今季初先発し6回2/3、7安打4失点で1敗を喫した。1点リードの7回にロッテ打線につかまり一挙4失点し無念のイニング途中で降板となった。

ロッテ戦に先発登板したオリックス・金子【画像提供:(C)PLM】
ロッテ戦に先発登板したオリックス・金子【画像提供:(C)PLM】

3回まで完全投球と好スタートも7回に一挙4失点

 オリックスの金子千尋投手が3日、ホーム開幕戦となったロッテ戦(京セラドーム)で今季初先発し6回2/3、7安打4失点で1敗を喫した。1点リードの7回にロッテ打線につかまり一挙4失点し無念のイニング途中で降板となった。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3回まで一人の走者も許さない完全投球を見せていたエース・金子。4回の先頭・荻野にこの日初ヒットとなる中前打を浴びるなど2死二塁のピンチを招いたが、井上を空振り三振。5回も2死一、三塁としたが加藤を二飛に打ち取り要所を締める投球を見せる。

 だが、7回。2死一、二塁から代打・平沢に中前適時打を浴び同点に追いつかれると、続く荻野には三塁線を破られる2点タイムリーを浴び降板。2番手でマウンドに上がった小林も2死一、二塁から中村に中前打を浴びこの回一挙4失点。

 今季初登板は黒星スタートとなった金子は「最後に粘りきることができませんでした。フォアボールは自分の選んだ球なので悔いはありませんが、福浦さんの初球は慎重にいくべきでした」と、1死一塁から福浦に浴びた右前打を悔やんだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」