野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日が12球団で最も遅い今季初勝利 新助っ人ガルシアが投打で活躍

中日が5戦目で12球団最遅となる今季初勝利をつかんだ。4日、ナゴヤドームで行われた巨人戦。先発のオネルキ・ガルシア投手が6回途中まで巨人打線を封じる好投を見せて接戦をモノにした。

今季から加入した左腕は6回1死まで巨人打線相手に無安打投球

 中日が5戦目で12球団最遅となる今季初勝利をつかんだ。4日、ナゴヤドームで行われた巨人戦。先発のオネルキ・ガルシア投手が6回途中まで巨人打線を封じる好投を見せて接戦をモノにした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季加入した助っ人左腕は140キロ台中盤の真っ直ぐとツーシーム、チェンジアップを軸に巨人打線を封じ込んだ。初回を三者凡退に封じると、2回、3回とそれぞれ2つの四球で走者を背負いながら、点は与えず。5回は2つの三振を奪い、三者凡退に封じた。

 6回も先頭の吉川尚を空振り三振に斬った左腕だったが、続く坂本が放った打球は中堅・大島の前で弾むヒットに。初安打を許すと、その後、盗塁で坂本が二塁に進み、マギーの右前適時打で1点を失った。それでもガルシアは6回を投げて2安打1失点の好投。今季先発した投手で初めてクオリティースタートを達成し、勝利投手となった。

 打線は初回、先頭の大島が左前安打を放つと、アルモンテも左前安打で続き、ビシエドの右前適時打で先制。4回には2死一、三塁でガルシアの三ゴロが、リクエストによるリプレー検証で判定が覆って適時内野安打となり、2点目。6回には巨人2番手の谷岡の悪送球で3点目をあげ、7回2死二塁では高橋が右中間を破る三塁打を放って加点した。

 点差を広げると、7回からはリリーフ陣がリードを守り抜いた。7回を又吉、8回はドラフト1位ルーキーの鈴木博、9回は田島が締めた。今季初の2桁安打となる10安打を放ち、本拠地のファンの前で初勝利をつかんだ。

 巨人は連勝が3でストップ。中日先発のガルシアの荒れ球にも苦労し、6回途中までノーヒット。6回に2本の安打が出たものの、この日はこの2安打だけ。2、3回と2つの四球でチャンスをもらいながらも、得点に繋げられなかったのが痛かった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」