野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

衝撃デビュー2連発の中日ドラ1鈴木博 竜の悲しき歴史に終止符打てるか?

開幕を迎えた球界に衝撃を与えた。それも、1度ならず、2度までも、だ。中日のドラフト1位ルーキー鈴木博志投手。今季、プロとしての第1歩を踏み出したばかりの21歳が、圧巻の投球を見せている。4月1日の広島戦(マツダ)。ビハインドの場面で登場してプロデビューを飾ると、最速155キロをマークして周囲の度肝を抜き、2つの三振を奪って3者凡退に打ち取った。

中日・鈴木博志【写真:荒川祐史】
中日・鈴木博志【写真:荒川祐史】

プロ初登板で最速155キロ、3日の巨人戦は3連続奪三振

 開幕を迎えた球界に衝撃を与えた。それも、1度ならず、2度までも、だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 中日のドラフト1位ルーキー鈴木博志投手。今季、プロとしての第1歩を踏み出したばかりの21歳が、圧巻の投球を見せている。4月1日の広島戦(マツダ)。ビハインドの場面で登場してプロデビューを飾ると、最速155キロをマークして周囲の度肝を抜き、2つの三振を奪って3者凡退に打ち取った。

 4月4日の巨人戦(ナゴヤD)では3点リードの8回にマウンドに上がり、本拠地デビュー。この日は最速153キロの真っ直ぐを軸に、中井大介、吉川尚輝、坂本勇人の巨人の上位打線を3者連続三振に斬った。5日の同戦でも吉川尚、坂本、ゲレーロの巨人の中心打者を3連続内野ゴロに斬った。開幕6試合を消化して3試合に登板、まだ1人の走者も許していない。

 まだ開幕を迎えたばかり。各球団との対戦も一巡しておらず、何かを語るには時期尚早ではあるが、それでも、鈴木博の投じるボールは力強い。このまま怪我なくシーズンを投げ抜ければ、気が早いが、今季の新人王の有力な候補になってくるはずだ。

 中日の新人王といえば、昨季、ドラフト2位の京田陽太内野手がそれに輝いたが、中日ファンにとっては苦い思いが積み重なってきた賞でもある。京田より前となると、1998年の川上憲伸投手まで遡る。そこからの間にも、候補となる選手はいながらも、投票に敗れて逃してきた。特に、ここ数年、そして投手(その中でもリリーフ)において受賞を逃すことが続き、ファンにとっては悔しい結果になってきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」