野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

昨季CSの興奮再び 打線好調の広島VS投手好調のDeNA 第1戦はエース対決

プロ野球の開幕から1週間が過ぎ、4日から3カード目を迎える。マツダスタジアムでは広島とDeNAが対戦する。昨年のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで激突した両雄が、その同じ球場で今季初対決。両軍ともに3月30日に開幕投手を務めたエースがマウンドにあがる。

DeNA・石田健大【写真:荒川祐史】
DeNA・石田健大【写真:荒川祐史】

広島は丸が打率.412、3本塁打と絶好調

 プロ野球の開幕から1週間が過ぎ、4日から3カード目を迎える。マツダスタジアムでは広島とDeNAが対戦する。昨年のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで激突した両雄が、その同じ球場で今季初対決。両軍ともに3月30日に開幕投手を務めたエースがマウンドにあがる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 広島の野村祐輔投手は30日の中日戦で6回3失点。初の開幕投手を勝利で飾った。チームはここまで5勝1敗で首位におり、前評判通りの強さをみせている。

 特に打線が好調で、丸は打率.412、チームメイトのエルドレッドと並んで3本塁打はリーグトップ。そのエルドレッドはバレンティン(ヤクルト)と並ぶリーグ2位の7打点を挙げるなど、破壊力は今季も健在だ。

 一方のDeNAは石田健大投手が先発。2年連続開幕投手となったヤクルト戦では5回5失点で黒星を喫したが、味方の失策などもあり自責は2点に抑えている。オープン戦からの好調はキープしていると言ってもよさそうだ。

 ただ、打線の不振が深刻だ。ここまで5試合のチーム得点(10)、打率(.172)は、どちらもリーグ最低で、1勝4敗の5位と低迷する大きな要因となっている。打線さえ復調すれば、投手陣が防御率(2.80)と好調なだけに浮上する可能性は高い。

 野村、石田はともに昨年のCSで敗戦投手となっている。どちらがエースの意地を見せるのか、注目だ。

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」