野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・菅野が“お得意様”ヤクルト相手に5失点で降板 昨季は5戦5勝

巨人の菅野智之投手が“お得意様”相手に5失点を喫し、開幕から2戦連続白星なしとなった。6日の神宮で行われたヤクルト戦に先発。初回に青木のタイムリー、失策が絡み2点を失うなど6回7安打5失点でマウンドを降りた。

ヤクルト対巨人の試合経過
ヤクルト対巨人の試合経過

初回に2点を失うなど6回5失点

 巨人の菅野智之投手が“お得意様”相手に5失点を喫し、開幕から2戦連続白星なしとなった。6日の神宮で行われたヤクルト戦に先発。初回に青木のタイムリー、失策が絡み2点を失うなど6回7安打5失点でマウンドを降りた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 昨年のヤクルト戦は5戦5勝と抜群の相性を見せていたエース・菅野。今シーズンの初対決は苦しい投球となった。初回1死一、二塁から青木に一塁線を破られるタイムリー二塁打を浴び先制を許すと、続く畠山が放った遊撃へのフライを坂本が落球しこの回2失点。

 さらに2回。2死二塁から山田にタイムリー三塁打を浴びると、5回にも山田に左翼席へソロアーチを許した。6回1死三塁から坂口にダメ押しとなる左犠飛を浴びると、7回の打席で代打を送られ降板。その裏には2番手として篠原がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」