野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日が逆転勝ち、小笠原が7回2失点で初勝利 阪神は藤浪自滅&貧打に泣く

中日が接戦の末に、逆転勝ちをおさめた。6日、敵地・京セラドームで行われた阪神戦。同点で迎えた8回に福田永将内野手が右前適時打を放って勝ち越しに成功。今季2勝目をあげた。

阪神対中日の試合結果
阪神対中日の試合結果

阪神は9回1死三塁で、梅野のセーフティースクイズが併殺打に終わる最悪の結末に

 中日が接戦の末に、逆転勝ちをおさめた。6日、敵地・京セラドームで行われた阪神戦。同点で迎えた8回に福田永将内野手が右前適時打を放って勝ち越しに成功。今季2勝目をあげた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 初回、阪神先発の藤浪晋太郎投手の四球、悪送球、暴投の一人相撲で先制点をもらったが、その裏に小笠原慎之介投手が糸井嘉男外野手に2ランを浴びて試合をひっくり返された。

 2回以降、左腕が阪神打線を無失点に抑える好投を見せると、5回2死満塁で京田が藤浪から押し出しの四球を選んで同点に。8回には福田永将内野手が1死一、三塁のチャンスで右前適時打を放って勝ち越した。リードを奪うと、8回を又吉、9回を田島が締めた。開幕投手を務めた小笠原は7回まで投げて3安打2失点と好投し、今季初勝利をあげた。

 阪神は先発の藤浪が乱れた。初回にノーヒットで先制点を献上し、5回途中に押し出し四球を与えたところで降板。自滅で5回もたず。打線は初回に糸井の2ランで逆転したが、2回以降は奮わず。9回1死三塁と同点のチャンスを作りながらも、梅野のセーフティースクイズが併殺打になる最悪の結末で決着した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」