野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3連敗で借金2、王者ホークスがおかしい 先発に勝利なし&拭えぬ不安

王者がおかしい。昨季の日本一、2年連続の頂点を目指しているソフトバンクが開幕から苦しんでいる。6日、敵地の楽天生命パークで行われた楽天戦。試合開始前から降り始めた冷たい雨と厳しい寒さの中で試合は行われ、開幕投手を務めた先発の千賀滉大投手が4回途中6失点でKO。序盤で背負ったビハインドを跳ね返すことが出来ずに敗れ、先の西武戦から3連敗となり、2勝4敗の借金2となってしまった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

6日の楽天戦は頼みの千賀が4回途中6失点でKOされて完敗

 王者がおかしい。昨季の日本一、2年連続の頂点を目指しているソフトバンクが開幕から苦しんでいる。6日、敵地の楽天生命パークで行われた楽天戦。試合開始前から降り始めた冷たい雨と厳しい寒さの中で試合は行われ、開幕投手を務めた先発の千賀滉大投手が4回途中6失点でKO。序盤で背負ったビハインドを跳ね返すことが出来ずに敗れ、先の西武戦から3連敗となり、2勝4敗の借金2となってしまった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 充実の戦力を誇るソフトバンクではあるが、昨季日本一に輝いた原動力は投手力にあった。鉄壁の守護神サファテを筆頭とし、岩嵜翔やモイネロがいるリリーフ陣は強力で最大の強みであるが、先発投手陣もまた他球団と比較すると、充実の選手層を誇っていた。

 16勝で西武・菊池雄星と最多勝のタイトルを分け合った東浜巨、13勝で最高勝率に輝いた千賀、そして13勝のバンデンハークと2桁勝利は3人。昨季は6勝に終わったものの、一昨季まで2年連続2桁勝利をあげていた武田翔太、8勝をマークした石川柊太、7勝の中田賢一など、先発投手は豊富にいた。

 それが、だ。今季開幕して6試合が終わった段階で、先発投手で勝利投手となったのはゼロ。それどころか、開幕戦で千賀が7回1安打無失点と好投してから、武田が5回7安打4失点、中田が5回1/3で6安打2失点、東浜が7回6安打6失点と4試合連続で先発が6回自責点3のクオリティースタート(QS)を果たせず。

 4日の西武戦で先発したバンデンハークは6回2失点とQSは果たしたものの、負け投手。そして、6日の千賀は今季チーム最短の4回途中ノックアウト。先発投手陣が、本来の状態ではないのは明らか。スタートダッシュに失敗し、首脳陣には早い段階で何らかの対策を施す必要も出てくるかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」