野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、止まらん!開幕から無傷の8連勝マーク 7回打者一巡の猛攻で逆転

西武は8日、本拠地・メットライフドームで行われたオリックス戦で7-4で勝利し開幕8連勝をマークした。1点を追う7回に打者一巡の猛攻で一挙6点を奪い逆転した。

7回に逆転タイムリーを放った西武・外崎修汰【画像:(C)PLM】
7回に逆転タイムリーを放った西武・外崎修汰【画像:(C)PLM】

オリックスは早くも今季、同一カード3連敗

 西武は8日、本拠地・メットライフドームで行われたオリックス戦で7-4で勝利し開幕8連勝をマークした。1点を追う7回に打者一巡の猛攻で一挙6点を奪い逆転した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は先発のウルフが初回に吉田正に先制タイムリーを浴びると、5回には2死一、三塁から重盗を決められ2点目を失った。それでも5回。無死一、三塁から中村の二ゴロ併殺の間に1点差に詰め寄ると、打線は7回に爆発した。

 先頭の山川、森の連打に中村の四球で無死満塁のチャンスを作ると、外崎の左前2点タイムリーで逆転に成功。さらに続く炭谷の三塁への犠打を鈴木昂が一塁へ悪送球し1点を追加。ここでオリックスの先発・山岡をマウンドから引きずり下ろし2番手には吉田一がマウンドに上がった。

 西武は好機を逃さず無死二、三塁から代打・栗山の中犠飛、続く秋山の中前タイムリー、源田の左越えタイムリー二塁打でこの回一挙6点を奪った。

 オリックスは9回に伏見が2点タイムリーを放ったが反撃はそこまでだった。

 西武は1991年以来となる開幕8連勝をマーク、対するオリックスは早くも同一カード3連敗を喫し、チームも4連敗となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」