野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 3試合連続アーチの打者・大谷を分析 データで見る、今後の課題とは?

3試合連続アーチの打者・大谷を分析 データで見る、今後の課題とは?

エンゼルス大谷翔平は、周囲の想像を上回る華々しいデビューを果たした。投手としてはクオリティースタート(QS、6回以上自責点3以下)で1勝、打者としても18打数7安打3本塁打7打点、打率.389。特に打者としては驚異的な数字を残している。これから打者・大谷へのマークは厳しくなると思われるが、データでそれを予測してみよう。以下は試合ごとの打撃成績だ。

3試合連続本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】
3試合連続本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】

打者・大谷のここまでの成績は18打数7安打3本塁打7打点

 エンゼルス大谷翔平は、周囲の想像を上回る華々しいデビューを果たした。投手としてはクオリティースタート(QS、6回以上自責点3以下)で1勝、打者としても18打数7安打3本塁打7打点、打率.389。特に打者としては驚異的な数字を残している。これから打者・大谷へのマークは厳しくなると思われるが、データでそれを予測してみよう。以下は試合ごとの打撃成績だ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

〇3/29 アスレチックス戦
5打数1安打1三振
14球(ボール4球)

〇4/3 インディアンス戦
4打数3安打1本塁打3打点1三振
17球(ボール4球)

〇4/4 インディアンス戦
5打数2安打1本塁打2打点1三振
20球(ボール6球)

〇4/6 アスレチックス戦
4打数1安打1本塁打2打点1四球1三振
18球(ボール9球)

 当初、対戦した投手はストライクゾーンにボールを投げ込んできたが、4月6日のアスレチックス戦は18球中9球がボール。投手の警戒感が一気に高まったことがわかる。今後、大谷が打てる球は少なくなってくるはずだ。

 大谷が打った7本の安打の球種と投手を見てみよう。

〇3/29 アスレチックス戦
右前打(147キロ カッター/グレーブマン)

〇4/3 インディアンス戦
右本塁打(118キロ カーブ/トムリン)
右前打(136キロ カッター/トムリン)
中前打(152キロ 4シーム/マカリスター)

〇4/4 インディアンス戦
中本塁打(147キロ 4シーム/クルーバー)
中前打(151キロ 4シーム/アレン)

〇4/6 アスレチックス戦
中本塁打(151キロ 2シーム/ゴセット)

 7本のうち6本が速球系だった。新進気鋭の打者らしく、大谷は速い球に強い。また、ファーストストライクを打った安打が3本。好球必打ではあるが、各投手はこれまで以上に初球に気を付けるようになるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」