野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

平成ベストナインを選ぶ チームの中軸打者がズラリと揃う三塁手

来年4月で平成は終わり。31年に及ぶ平成時代に、幕が下りる。多くの選手が活躍した。平成時代のベストナインを考えていきたい。三塁手は他の内野手に比べて守備機会が少ない。それだけに打撃が売りの強打者が揃っている。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

平成に入り1000試合以上三塁手を守ったのは10人

 来年4月で平成は終わり。31年に及ぶ平成時代に、幕が下りる。多くの選手が活躍した。平成時代のベストナインを考えていきたい。三塁手は他の内野手に比べて守備機会が少ない。それだけに打撃が売りの強打者が揃っている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 平成時代に1000試合以上三塁を守った選手は10人いる。試合数は三塁守備に就いた数。打撃成績は他の守備位置での数字も含む。昭和の時代に記録した数字は含まれない。2017年オフまで。

〇江藤智(平成元年~21年、広島、巨人、西武)
1342試合(1559安打364本1020点82盗 打率.268)本塁打王2回、打点王1回、最高出塁率1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ1回

 高校時代は捕手。入団当初は一塁手だったが、三塁に固定されてから頭角を現す。豪快な打撃で広島を引っ張る。FAで巨人に移籍、6年在籍して西武に移籍し、引退。

〇初芝清(平成元年~17年 ロッテ)
1438試合(1525安打232本879点11盗 打率.265)打点王1回、ベストナイン1回

 1995年、イチロー、田中幸雄と打点王のタイトルを分け合う。眼鏡をかけた親しみやすい容貌でロッテファンの人気を得る。現在は社会人セガサミーの監督。

〇片岡篤史(平成4年~18年 日本ハム、阪神)
1238試合(1425安打164本717点35盗 打率.270)最高出塁率1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ2回

 PL学園から同志社大。俊敏な守備とシャープな打撃で売り出す。選球眼が抜群で、最多四球を2回獲得。日本ハム時代は松坂大輔を得意とした。

〇中村紀洋(平成4年~26年 近鉄、オリックス、中日、楽天、横浜・DeNA)
1971試合(2101安打404本1348点22盗 打率.266)本塁打王1回、打点王2回、最高出塁率1回、ベストナイン5回、ゴールデングラブ7回

 三塁手としての出場試合数は、長嶋茂雄の2172試合に次ぐ史上2位。イチローの同級生。近鉄からMLBに移籍、復帰後は5球団を渡り歩く。勝負強い打撃と豪快な守備が魅力だった。

〇岩村明憲(平成10年~26年 ヤクルト、楽天、ヤクルト)
1069試合(1172安打193本615点67盗 打率.290)ベストナイン2回、ゴールデングラブ6回

 小柄だが豪快な打撃とアグレッシブな守備で売り出す。平成19年MLBデビルレイズに移籍、ここでも活躍するが大けがで以後不振が続き、NPB復帰後も再起せず引退。現在はルートインBCリーグ福島の監督。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」