野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の“完全未遂”、米コラムニストに聞く 「前代未聞のメンタリティ」

大谷翔平の“完全未遂”、米コラムニストに聞く 「前代未聞のメンタリティ」

エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初登板初先発に臨み、先頭から打者19人連続斬りという圧巻の投球を見せた。7回1死から初安打を浴び、完全試合の夢は断たれた。完全試合であることを理解しながらも、その先を見据えマウンドに立っていたと語った大谷の「前代未聞のメンタリティ」に、米メジャースポーツを取材する名物コラムニストは感銘を受けている。

本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地のアスレチックス戦で7回1死まで完全投球を見せた大谷

 エンゼルスの大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初登板初先発に臨み、先頭から打者19人連続斬りという圧巻の投球を見せた。7回1死から初安打を浴び、完全試合の夢は断たれた。完全試合であることを理解しながらも、その先を見据えマウンドに立っていたと語った大谷の「前代未聞のメンタリティ」に、米メジャースポーツを取材する名物コラムニストは感銘を受けている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「彼はワンダフルだった。打者としてだけではなく、投手としても一流の片鱗を見せてくれた。個人的には最も驚かせられたのは試合後の記者会見だよ。地元の記者が質問したんだ。完全試合だと知っていたか?、と。その答えは23歳とは思えない。精神的な成熟に感銘を受けた」

 こう語ったのは米スポーツメディア「スポーティングニュース」のジョセフ・ディポリート記者だ。ロサンゼルスを拠点にエンゼルス、ドジャースというMLB球団のみならず、NHLロサンゼルス・キングス、アナハイム・ダックスやNBA、MLSなど様々な競技で取材活動を展開。取材記者会見でも激しい身振りとともに大谷やマイク・ソーシア監督に質問をぶつけている名物コラムニストだ。

 7回を1安打12奪三振無失点と快投した大谷は、先の質問に日本語でこう答えている。

「ヒットを打たれてないのは知ってましたけど、完全試合をしようという感じはなかった。むしろいつ出るか待っていた。出た時にどう気持ちを整理して次のバッターにしっかり向かっていけるかが大事。そういう意味では、打たれた後にフォアボールを出したのは今日よくなかったこと」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」