野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム高梨が初回から大炎上 3被弾6失点で4回途中でノックアウト

日本ハムの高梨裕稔投手が、大炎上した。11日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。初回からいきなり4点を奪われる大乱調で、4回途中でノックアウトされた。

デスパイネ、今宮、甲斐に本塁打を浴び、4回途中6失点

 日本ハムの高梨裕稔投手が、大炎上した。11日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。初回からいきなり4点を奪われる大乱調で、4回途中でノックアウトされた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 大荒れの立ち上がりだった。初回、先頭の本多に左中間を破られる二塁打を浴びると、上林には右中間を破られる適時三塁打を許していきなり先制点を献上。1死三塁から内川の右前適時打で2点目を失うと、デスパイネには左翼席へと飛び込む2戦連発の2号2ランを被弾し、いきなり4点を奪われた。

 2回には先頭の今宮にど真ん中に入った真っ直ぐを左翼ホームランテラス席へ運ばれて、続く甲斐には初球、これまたど真ん中へ入ったストレートを左翼スタンドまで運ばれた。2者連続本塁打で、この回も2失点。2回までに3被弾で6点を失った。3回は三者凡退に斬って取ったものの、4回1死から甲斐に四球。2死二塁で迎えた上林に対して3ボールとなったところで申告敬遠で歩かせ、ここで降板。柳田で迎えたところで、左腕の上原へとスイッチ。上原が柳田を三邪飛に斬り、得点は許さなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」