野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス工藤監督の采配ズバリ勝率5割に 2番上林に「状態は非常にいい」

11日、ソフトバンクは日本ハム戦で今季初めて上林誠知を2番に起用。これがズバリとはまって初回に見事な先制打。続く打席でも判断よく二塁を陥れるなど、マルチ安打の活躍。工藤公康監督も、若鷹の活躍に目を細めた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

今宮の凡打にも光明「いい感じで打っていたと思う」

 11日、ソフトバンクは日本ハム戦で今季初めて上林誠知を2番に起用。これがズバリとはまって初回に見事な先制打。続く打席でも判断よく二塁を陥れるなど、マルチ安打の活躍。工藤公康監督も、若鷹の活躍に目を細めた。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 初回から新オーダーが奏功した。1番の本多雄一が二塁打を放つと、公式戦では今季初めて2番に入った上林が追い込まれながらも右中間へのタイムリー三塁打。工藤監督も「今は(上林の)調子もいいし、1番が出れば打たせて1イニング目から点を取りたかった」としてやったりの表情だ。

 2番起用の理由を「バッティングコーチから『どうですか?』と打診があったので、それで行きましょう、と。状態は非常にいいと思う」と、工藤監督。2打席目に左中間への当たりで一気に二塁に進んだ点についても「(守備側が)行かないだろうと思った中で、どんどん先の塁を狙うのがウチの野球」と称えた。

 上林と入れ替わって8番に下がった今宮健太が今季初本塁打を放ったことについては「いいきっかけにしてほしい」と語るとともに「次の打席(ライトフライ)も強引にならなくて、いい感じで打っていたと思う」と凡打の中に光るものを見つけたようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」