野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、米紙が比較するCY賞右腕「打者幻惑、腕の振りはどちらも一級品」

大谷翔平、米紙が比較するCY賞右腕「打者幻惑、腕の振りはどちらも一級品」

先発2試合目にして、一時完全試合を期待させる投球を見せた「投手・大谷」について、米メディアはサイ・ヤング賞に2度輝いた右腕と比較する特集を行っている。地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」電子版が「ショウヘイ・オオタニは新たな“フリーク”なのか? ティム・リンスカムのように、彼は必見の劇場だ」との見出しで伝えている。

日本人メジャーリーガーとして最速&最年少でア・リーグ週間MVPに選出された大谷翔平【写真:Getty Images】
日本人メジャーリーガーとして最速&最年少でア・リーグ週間MVPに選出された大谷翔平【写真:Getty Images】

圧巻投球の大谷、米紙はサイ・ヤング賞右腕リンスカムと比較

 エンゼルスの大谷翔平が投打にわたる大活躍で、日本人メジャーリーガーとして最速&最年少でア・リーグ週間MVPに選出された。先発2試合目にして、一時完全試合を期待させる投球を見せた「投手・大谷」について、米メディアはサイ・ヤング賞に2度輝いた右腕と比較する特集を行っている。地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」電子版が「ショウヘイ・オオタニは新たな“フリーク”なのか? ティム・リンスカムのように、彼は必見の劇場だ」との見出しで伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「ベーブ・ルース2世」と称される二刀流右腕について、米紙が比較対象に挙げたのは、かつてメジャーを席巻した名投手リンスカムだった。

 記事では「ティム・リンスカムにはオオタニの球速や体躯、打撃能力はないが、リンスカムが全盛期にマウンドを降りる時、こんな投手を見たことがないとファンと打者に思わせてしまうのものだった。まさにその当時から10年後となる、今のオオタニのようだ」と言及。身長180センチ、細身ながら全身を使ったダイナミックなピッチングで打者を制圧したリンスカムと大谷の類似性をレポートした。

 リンスカムはメジャーデビュー2年目の2008年に18勝5敗、防御率2.62でサイ・ヤング賞を獲得すると、翌09年も15勝7敗、防御率2.48の活躍で2年連続同賞に輝いた。08年から3年連続で最多奪三振も記録。昨年は所属がなく、今季レンジャーズに所属している右腕に全盛期の輝きはないが、その圧巻の投球で一時代を築いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」