野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス上林、今季初2番で口火 「打て」のサインに「返すだけだな」

11日の日本ハム戦で、公式戦では今季初の2番に起用された上林誠知。いきなりのタイムリーを含むマルチ安打でチームの勝利に貢献した。

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

柳田の前で敬遠されるも「慢心せずにやっていきたい」

 11日の日本ハム戦で、公式戦では今季初の2番に起用された上林誠知。いきなりのタイムリーを含むマルチ安打でチームの勝利に貢献した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 オープン戦では経験したが、公式戦では今季初となる2番打者。初回から1番の本多雄一が二塁打を放ち、いきなりチャンスで打席が回ってきた。「打てのサインだったので(走者を)返すだけだなと思った」という上林は、追い込まれながらも右中間の最深部へ運ぶ先制のタイムリー三塁打。「初回の先制点は重く考えていたので、本多くんが(塁に)出たら打たせようと思っていた」という工藤公康監督の期待に即座に応えてみせた。

「タイミングをしっかり取れているので、それを継続できればいい。ボールの見極めができているのかどうかはわからないが、ボールは見えていると思う」と上林。

 1死二塁の場面で巡ってきた第3打席は、ボールが先行すると申告敬遠された。いくら調子を落としているとはいえ、3番・柳田悠岐の前での敬遠だ。それについて尋ねると、上林は少し戸惑いながらも「ギータさんにはまだまだ及ばないし、慢心せずにやっていきたい」とだけ答えた。

 第4打席は満塁での凡退があったものの、得点圏打率は8割超え。驚異的な勝負強さを見せているが、上林は「まだ(得点圏での)打席数も少ないですから」と控えめに語る。それでも「(走者を)還したいと思って打席に立っているし、(得点圏の打席では)変化球が多くなるのでそれを振らないようにしています」と好打率の要因を自分なりに分析する。

 今後の上林の2番起用について工藤監督は「それはわかりません」と明言を避けたが、この日の『はまり具合』や、入れ替わるように8番に下がった今宮健太も結果を出したことを考えれば、継続していく可能性は低くはないだろう。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」