野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

コロンVS大谷翔平は21歳2か月差 日米球史に残る20歳超の“年の差対決”

4月10日(日本時間11日)、エンゼルスの大谷翔平は敵地レンジャーズ戦の9回に代打で登場した。打球は速かったが、二塁手の正面を突いて二ゴロに倒れた。この日対戦したのは、今季MLB最年長、44歳のバートロ・コロン。23歳の大谷との年齢差は約21歳2か月だった。日米の野球史には、20歳以上の年齢差がある選手同士の対戦がしばしば見られる。

今季MLB最年長、44歳のバートロ・コロン【写真:Getty Images】
今季MLB最年長、44歳のバートロ・コロン【写真:Getty Images】

大谷は大投手コロンの前に二ゴロに倒れる

 4月10日(日本時間11日)、エンゼルスの大谷翔平は敵地レンジャーズ戦の9回に代打で登場した。打球は速かったが、二塁手の正面を突いて二ゴロに倒れた。この日対戦したのは、今季MLB最年長、44歳のバートロ・コロン。23歳の大谷との年齢差は約21歳2か月だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 コロンは若い頃は豪腕投手として知られたが、次第に2シームやチェンジアップを投げる技巧派に変身。アスレチックスに所属した2012年には、東京ドームで開催されたマリナーズとの開幕シリーズ第2戦で先発し、イチローを4打数無安打に退け、8回自責点1の快投を見せた。ここまで通算540試合に登板し、240勝176敗の成績。90年代から大活躍したコロンと大谷翔平の対戦は、歴史的と言ってよいだろう。

 日米の野球史には、20歳以上の年齢差がある選手同士の対戦がしばしば見られる。

 通算755本塁打を記録したMLB史上屈指の大打者ハンク・アーロンは、ブレーブスの主砲として君臨したが、1975年に41歳でブリュワーズに移籍。42歳で引退した翌76年には、5月30日のクリーブランド・インディアンス戦で20歳の先発右腕デニス・エッカーズリーと対戦している。アーロンは左前打、三失、遊飛、三ゴロの記録を残した。エッカーズリーは後にクローザーに転向し、通算197勝171敗390セーブをマーク。アーロン、エッカーズリーともに殿堂入りしている。

 通算324勝292敗、MLB歴代1位の通算5714奪三振を記録した大投手ノーラン・ライアンは46歳まで現役で投げたが、最終登板となった1993年9月22日のマリナーズ戦では、22歳10か月のケン・グリフィJr.と対戦。グリフィは四球を選んでいる。この試合でライアンの球を受けたのは、24歳10か月のイバン・ロドリゲスだった。この3人も、ともに殿堂入りしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」