野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日、吉見が初登板初勝利で4連勝 森監督体制初の5割 ヤクルトは3連敗

中日が4連勝で勝率を5割に戻した。12日、本拠地で行われたヤクルト戦。打線が初回から3点を奪うなど、4回までに6得点をあげてリードを奪うと、今季初先発となった吉見一起投手が6回1失点と好投して今季初勝利をマーク。ヤクルトに3連勝し、森繁和監督が就任してから初の勝率5割に手を届かせた。

アルモンテの2ランなどで序盤からリードを拡大して圧勝

 中日が4連勝で勝率を5割に戻した。12日、本拠地で行われたヤクルト戦。打線が初回から3点を奪うなど、4回までに6得点をあげてリードを奪うと、今季初先発となった吉見一起投手が6回1失点と好投して今季初勝利をマーク。ヤクルトに3連勝し、森繁和監督が就任してから初の勝率5割に手を届かせた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 見事な先制攻撃だった。初回、先頭の大島が四球で出塁すると、京田が適時二塁打を放って1点を先制。続くアルモンテがナゴヤドームの右翼5階席に飛び込む特大の2ランを放った。助っ人砲の2戦連発、5試合連続打点となる1発で3点を先行した。

 3回にはビシエドの犠飛で1点を加え、4回には2死一、二塁で大島が右中間を破る2点適時三塁打を放ってリードを広げた。6回にも代打・藤井、京田の適時打などで3点を加えて大量リードを奪った。

 先発の吉見は武器であるコントロールを発揮し、低めにボールを集める好投。ヤクルト打線に7安打を許したものの、要所を締めた。無四球に封じて6回1失点で今季初勝利を挙げた。

 ヤクルトは先発の館山が4回4安打1本塁打3四球で6失点(自責は3)。2番手の風張も3点を失い、リードを広げられた。打線も山田が3安打を放って気を吐いたものの、繋がらずに中日先発の吉見を攻略できなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」