野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が大量10得点で連敗を6でストップ 菅野が8回1失点の好投で今季初勝利

巨人がエースの力投で連敗を6で止めた。13日、東京ドームで行われた広島戦。先発の菅野智之投手が8回を投げて1失点に抑える好投を見せると、打線も10得点と大量援護をおくり、快勝した。

巨人対広島の試合結果
巨人対広島の試合結果

広島は先発の野村が5回8失点と大誤算

 巨人がエースの力投で連敗を6で止めた。13日、東京ドームで行われた広島戦。先発の菅野智之投手が8回を投げて1失点に抑える好投を見せると、打線も10得点と大量援護をおくり、快勝した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季2試合連続5失点を喫していた菅野が、今季初勝利を挙げた。初回にいきなり先制点を奪われたものの、2回以降は立ち直ってゼロを並べた。6回には菊池、丸の連打で無死一、三塁とされたが、松山、安部、西川を3者連続空振り三振に斬って取った。8回を投げて6安打1失点。2桁奪三振を奪い、3度目の登板でようやく初白星を挙げた。

 打線は先制点を奪われた直後の初回から次々に得点を奪った。坂本の三塁打、吉川尚の一ゴロ失策であっさりと同点に追いつくと、マギーの中前適時打、岡本の3号2ラン、中井の今季初アーチで一挙に5点を奪った。5回にはマギーの2ランなどで3点を加え、7回にもゲレーロの2点適時二塁打で加点して圧勝を呼び込んだ。

 広島は先発の野村が大誤算。初回に2本塁打を被弾するなど大量5失点。5回まで投げたが、7安打3被弾で8点を失い、チームも大敗した。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」