野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • まさに“大谷効果”、逆転呼ぶマルチ 12勝3敗のスタートは球団史上最高タイ

まさに“大谷効果”、逆転呼ぶマルチ 12勝3敗のスタートは球団史上最高タイ

エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に今季初めて「7番・DH」で出場し、4打数2安打1得点と今季3度目のマルチ安打を記録した。2回に自身メジャー初の二塁打を記録すると、8回には技ありの中前打を放ち、決勝のホームを踏む活躍。チームは5-4で逆転勝ちした。MLB公式サイトによると、12勝3敗のスタートは1979年に並ぶ球団史上最高記録。“大谷効果”でエンゼルスの快進撃が止まらない。

4打数2安打1得点と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
4打数2安打1得点と活躍したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

MLB公式サイトが伝える「球団史上最高のスタートとなる1979年に並んだ」

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に今季初めて「7番・DH」で出場し、4打数2安打1得点と今季3度目のマルチ安打を記録した。2回に自身メジャー初の二塁打を記録すると、8回には技ありの中前打を放ち、決勝のホームを踏む活躍。チームは5-4で逆転勝ちした。MLB公式サイトによると、12勝3敗のスタートは1979年に並ぶ球団史上最高記録。“大谷効果”でエンゼルスの快進撃が止まらない。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ここまでスタメン6試合はすべて「8番・DH」で出場していた大谷は、打順を1つ上げて7番で先発。0-0で迎えた2回は先発右腕ハメルの内角への直球を捉え、レフト線に運ぶ自身初の二塁打とした。ここは得点にはつながらなかったものの、エンゼルスは3回に主砲プホルスの2ランで先制。しかし、その後、逆転を許してしまう。

 大谷はその後、2打席凡退。エンゼルスはプホルスのタイムリーで1点を返すも、3-4と1点を追う展開で8回へ。連勝がついに止まるかと思われたが、先頭コザートがヒットを放つと、大谷も右腕グリムから技ありの中前打。カーブをセンター前に運び、チャンスを広げた。ムードはガラリと変わり、その後、代打バルブエナのタイムリーで同点に。そして、キンズラーの犠飛で大谷が勝ち越しの生還。見事な逆転勝利を飾った。

 MLB公式サイトは「オオタニ、エンゼルスが8回に盛り返し、6連勝を飾る」とのタイトルで試合を速報。記事の中で「この勝利でエンゼルスは12勝3敗として、球団史上最高のスタートとなる1979年に並んだ」と伝えた。エンゼルスが初の地区優勝を飾った1979年に並ぶ好発進となったという。その中心に大谷がいることは間違いない。

 記事では「金曜日に7番に昇格したオオタニは二塁打を含む4打数2安打で打率.367(30打数11安打)、今季5本の長打を放っている」とも触れている。大谷が出場した試合は投手と野手で計10試合あるが、ここまで9勝1敗。エンゼルス、大谷が最高のスタートを切り、昨季世界一のアストロズを抑えて地区首位を快走している。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」