野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAが17年ぶりの8連勝! 驚異の19歳・京山がデビュー戦から無傷の3連勝

DeNAが17年ぶりの8連勝とした。15日、本拠地・横浜スタジアムで行われた中日戦。先発した2年目の19歳、京山将弥投手が6回途中まで投げて3安打1失点に封じる好投を見せ、初登板初勝利から3戦全勝となる3連勝を飾った。

DeNAが17年ぶりの8連勝を飾る
DeNAが17年ぶりの8連勝を飾る

2016年ドラフト4位の京山が6回途中3安打1失点と好投

 DeNAが17年ぶりの8連勝とした。15日、本拠地・横浜スタジアムで行われた中日戦。先発した2年目の19歳、京山将弥投手が6回途中まで投げて3安打1失点に封じる好投を見せ、初登板初勝利から3戦全勝となる3連勝を飾った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 驚異の19歳・京山が、また好投した。2016年ドラフト4位右腕は初回2死でアルモンテに左前安打を許したものの、無失点に切り抜ける立ち上がり。4回に1死一、二塁のピンチを招いたが、平田を右飛、高橋を空振り三振に斬った。

 6回2死でアルモンテに右翼席への4号ソロを浴びて降板となったが、5回2/3で98球、3安打1失点、6個の三振を奪う十分な投球。許した安打は3本全てアルモンテによるもので、他の打者は完璧に手玉に取った。4月1日のヤクルト戦でプロ初登板初先発初勝利を挙げた右腕は、同8日の広島戦でも6回途中無失点で2勝目をマーク。この日も勝利投手となり、プロ初登板から3戦全勝となった。

 打線も若き右腕を早い段階で援護した。初回2死一、二塁で、宮崎が右中間を破る2点適時二塁打を放って、2点を先行。5回には1死三塁から大和の左犠飛で1点を加えた。7回にも3点を加えると、リードを継投で守り、9連勝した2001年以来、17年ぶりの8連勝とした。

 中日は敵地で痛い3連敗。先発の笠原は6回まで3失点と粘投したが、7回に2点を失って力尽きた。左腕は中盤まで先発としての役割を果たしたものの、前日に続いて打線が援護出来ず。先発の19歳・京山から放った3安打は全てアルモンテが放ったもので、他の打者はサッパリ打てず。その後のリリーフ陣も打ち崩せず、アルモンテのソロによる1点しか奪えずに敗れた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」