野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打者は大谷、投手はダルビッシュ 米紙が選ぶMLB序盤「最も興味そそる」10傑

シーズン162試合を戦い抜くメジャーでは、開幕から2週間が過ぎた。長いシーズンを考えれば、まだ2週間だが、されど2週間。ニューヨークの地元紙「デイリーニュース」電子版では、「MLBシーズン序盤に最も興味をそそるチーム、打者、投手10傑」と題した特集記事を展開。打者ではエンゼルス大谷翔平選手、投手ではカブスのダルビッシュ有投手が1位にランクインした。

カブス・ダルビッシュ有(左)とエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有(左)とエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷はもっぱら好評価、一方ダルビッシュは…

 シーズン162試合を戦い抜くメジャーでは、開幕から2週間が過ぎた。長いシーズンを考えれば、まだ2週間だが、されど2週間。ニューヨークの地元紙「デイリーニュース」電子版では、「MLBシーズン序盤に最も興味をそそるチーム、打者、投手10傑」と題した特集記事を展開。打者ではエンゼルス大谷翔平選手、投手ではカブスのダルビッシュ有投手が1位にランクインした。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 わずか2週間とは言え、メジャー30球団がプレーした各地では様々な出来事があった。特集では「162試合の結果を導き出すには2週間は不十分」としながら、現時点で注目を集めるチーム、打者、投手をピックアップ。まず、チームとして1位に輝いたのは、開幕から16試合で13勝3敗と圧倒的な強さを誇るエンゼルスだった。

 14日(日本時間15日)もロイヤルズに勝利し、7連勝を飾ったエンゼルス。「ビリー・エプラーGMは大谷という大当たりを引いたようだ」と切り出した寸評では、オフに大谷だけではなく「ザック・コザートとの契約、イアン・キンズラーのトレードなど素晴らしい補強を行った」と高く評価。エンゼルスの得点力が増したことを指摘し、「ついにマイク・トラウトをサポートする環境ができた」としている。だが、開幕前に故障者リスト(DL)入りしたアンドリュー・ヒーニーは戦列復帰したが、マット・シューメーカーとJ.C.ラミレスが離脱するなど、綱渡りが続く先発陣を不安視。「シーズン最後まで好調が維持されるか、疑問符がつく」とクギを刺した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」