野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 好調・大谷を止められるのは「大自然」だけ!? 米紙特集、負傷リスクに懸念も

好調・大谷を止められるのは「大自然」だけ!? 米紙特集、負傷リスクに懸念も

15日(日本時間16日)に予定されていたロイヤルズ-エンゼルスの一戦が悪天候のため中止となった。敵地で自身メジャー3度目の先発登板に臨む予定だった大谷翔平は、17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦にスライド登板することに。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平の先発予定試合は天候不良で中止に

 15日(日本時間16日)に予定されていたロイヤルズ-エンゼルスの一戦が悪天候のため中止となった。敵地で自身メジャー3度目の先発登板に臨む予定だった大谷翔平は、17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦にスライド登板することに。この寒波による試合中止について、米地元紙「USAトゥデー」電子版は「ショウヘイ・オオタニですら、MLBでここ10年最も悲惨な4月(の気候)から逃れることはできない」との見出しで伝えた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 打席でもマウンドでも圧巻のパフォーマンスを見せている二刀流右腕も勝てないものがあった。それはカウフマンスタジアムに氷柱ができるほどの寒波――。米紙は「これはメジャーリーグ最悪の悪夢になるかもしれない。これはかなり大規模な惨事である」とレポートした。

 この日はほかにも5試合が中止に。記事によると、今季はすでに22試合の延期が決まっており、これは2000年以降、2番目に多い数字だという。同時に米紙はロイヤルズ-エンゼルス戦が当初強行される予定だったことを伝えた上で、「MLBの職員たちは彼らの考えを慈悲深く変更し、野球界で最も大きな市場価値を持つ男を保護することにした。カンザスシティ・ロイヤルズの要求を当初、拒否していたMLBは日曜日のロサンゼルス・エンゼルス戦を中止することに決めた。そうだ。この試合はショウヘイ・オオタニが投げる予定だったのだ」と伝えた。

 同試合の中止は開始直前まで発表されなかったことでツイッター上でも一部ファンから批判の声が上がっていた。今回の記事では極寒の中、試合を強行しようとしたMLB側に対する批判を強めており、「ショウヘイ・タイムの25分前に、ショーはキャンセルとなった。もしも、オオタニが体感気温マイナス6度、気温1.7度の環境での投球でケガした時に、MLBはどんな言い訳をするのか、想像できるだろうか?」と問題提起している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」