野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンク喜べぬ5連勝、快勝も内川が死球で途中交代 楽天は拙攻続く

ソフトバンクが手放しでは喜べない5連勝を飾った。18日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。勝利を収めて今季最長の5連勝となったが、主砲の内川聖一が負傷交代するアクシデントが発生。試合前に中村晃、デニス・サファテの2人が登録抹消となったばかりで、代償の大き過ぎる1勝になった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

試合前にはサファテ&中村晃が登録を抹消となり、さらなる負傷者が…

 ソフトバンクが手放しでは喜べない5連勝を飾った。18日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。勝利を収めて今季最長の5連勝となったが、主砲の内川聖一が負傷交代するアクシデントが発生。試合前に中村晃、デニス・サファテの2人が登録抹消となったばかりで、代償の大き過ぎる1勝になった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2回2死二、三塁のチャンスで甲斐拓也が中前へ2点適時打を放って先制。さらに川島にも適時打が出て、この回3点をあげた。1点差に迫られた7回には、楽天3番手の高梨の乱調に付け入り、内野ゴロと犠飛で2点を追加。ただ、この回無死一、二塁で打席に入った内川が右膝に死球を受けてそのまま交代。さらなる怪我人に、球場全体が凍りついた。

 先発のバンデンハークは立ち上がり球数が多かったが、徐々に調子を上げていき7回を投げて7安打2失点と好投。8個の三振を奪った。サファテ、岩嵜翔の2人を欠くリリーフ陣は8回にモイネロ、9回を森唯斗が抑えてリードを守った。

 楽天は前日に続き、作ったチャンスを生かしきれない展開に。初回1死一、三塁と絶好機を作りながら1点も奪えず。7安打を放ちながら、山下の適時打とアマダーのソロによる2点しか奪えなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」