野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、6回途中4失点&2勝目の権利持って降板 途中乱れるも10奪三振記録

前田健太、6回途中4失点&2勝目の権利持って降板 途中乱れるも10奪三振記録

ドジャースの前田健太投手が18日(日本時間19日)の敵地パドレス戦に先発し、6回途中4失点で2勝目(1敗)の権利を持って降板した。

パドレス戦に先発したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
パドレス戦に先発したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

パドレス戦に登板した前田

 ドジャースの前田健太投手が18日(日本時間19日)の敵地パドレス戦に先発し、6回途中4失点で2勝目(1敗)の権利を持って降板した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前回登板で3回途中5失点で初黒星を喫した右腕はこの日、上々の立ち上がりを見せる。ドジャース打線が3点を奪った直後の初回裏、先頭のピレラを3球で見逃し三振に斬ると、コルデロも見逃し三振。ホズマーを一ゴロに打ち取り、3者凡退で終えた。

 2回の打席ではきっちりと犠打を決めて追加点につなげた前田だったが、その裏にピンチを迎える。先頭の4番ビヤヌエバに右前安打を浴びると、1死から連打を浴びて満塁に。ここでヘッジスに押し出し四球、投手のペルドモにも左翼へ犠飛を許し、2点を失った。

 それでもこの日のドジャースは打線が好調で3回に一挙5得点。リードを7点に広げた。しかし前田はその裏もピリッとせず、1死からホズマーに中前安打、ビヤヌエバに四球とすると、2死一、三塁からアスアヘに左翼線へ2点二塁打を浴びた。4回からは安定感を取り戻し、2イニング連続で3者凡退に。6回は1死から連打を浴びて一、二塁としたが、ピレラを左飛に打ち取ったところで降板となった。

 この日は5回2/3で106球を投げ、8安打3四死球10奪三振4失点で、2勝目の権利を得た。前田の防御率は3.77となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」