野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・松坂大輔、5回を投げて2安打2失点 4回に併殺の間に勝ち越し許す

中日の松坂大輔投手が19日、本拠地ナゴヤドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がった。初回は3者凡退の立ち上がりを見せたが、2回に先制点を許した。

中日先発の松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日先発の松坂大輔【写真:荒川祐史】

2回1死一、三塁での第1打席は三ゴロに倒れる

 中日の松坂大輔投手が19日、本拠地ナゴヤドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がった。初回は3者凡退の立ち上がりを見せたが、2回に先制点を許した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 初回、高山を二ゴロ、西岡を三邪飛、糸井を三直と3者凡退の立ち上がりを見せた松坂だったが、2回に先制点を許した。先頭のロサリオの左肩付近に当たる死球を与えると、福留に右前安打。フルカウントだったため、ロサリオはスタートを切っており三塁まで進んだ。続く糸原はセンターフライ。これが先制の犠飛となり、1点を失った。その後は大山を遊ゴロ併殺に切り、最少失点で切り抜けた。

 1点をビハインドとなった2回の攻撃。1死一塁から高橋の三ゴロを大山が後逸するエラーを犯して二、三塁に。続く福田の打席で阪神先発の小野が暴投し、中日は同点に追いついた。さらに2死三塁では松坂が打席に。タイムリーへの期待が高まったが、三ゴロに倒れ、勝ち越しはならなかった。

 3回は、阪神打線を再び3者凡退に封じたが、4回に勝ち越しを許した。先頭西岡の投ゴロを自らが弾くエラー。続く糸井には四球を与え、ロサリオの右前安打で無死満塁に。福留を遊ゴロ併殺打に打ち取ったが、この間に1点を奪われた。

 5回は先頭の大山を中飛に打ち取ると、続く梅野は遊ゴロ。最後は小野を二ゴロに打ち取り、この日3度目の3者凡退に。松坂は5回に第2打席が回ると、そのまま打席へ立ったが、右飛に倒れた。5回を投げて88球、2安打2失点と好投しているものの、打線の援護がなく1点のリードを奪われている。

 松坂の先発は、今季初先発だった4月5日の巨人戦(ナゴヤドーム)以来。中13日の間隔を空けてマウンドに上がる。右腕が最後に国内で白星をあげたのは2006年9月19日のソフトバンク戦で、勝利投手になれば、4230日ぶりの白星となる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」