野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・松坂大輔7回123球、4安打2失点の熱投! 援護なく、白星は逃す

中日の松坂大輔投手が19日、本拠地ナゴヤドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がった。2回に先制点を許すと、同点の4回には勝ち越し点を奪われた。今季最長の7回を投げて4安打2失点と好投したが、打線の援護がなくリードを奪われた状態で降板。2006年9月19日のソフトバンク戦以来となる、NPB公式戦での白星はまたもお預けとなった。

7回123球の熱投を披露した中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
7回123球の熱投を披露した中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

同点の4回に自らの失策から満塁のピンチ招き、併殺の間に勝ち越し点を許す

 中日の松坂大輔投手が19日、本拠地ナゴヤドームで行われた阪神戦で今季2度目の先発マウンドに上がった。2回に先制点を許すと、同点の4回には勝ち越し点を奪われた。今季最長の7回を投げて4安打2失点と好投したが、打線の援護がなくリードを奪われた状態で降板。2006年9月19日のソフトバンク戦以来となる、NPB公式戦での白星はまたもお預けとなった。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 初回、高山を二ゴロ、西岡を三邪飛、糸井を三直と3者凡退の立ち上がりを見せた松坂だったが、2回に先制点を許した。先頭のロサリオに死球を与えると、福留に右前安打。フルカウントだったため、ロサリオはスタートを切っており三塁まで進んだ。続く糸原はセンターフライ。これが先制の犠飛となり、1点を失った。その後は大山を遊ゴロ併殺に斬り、最少失点で切り抜けた。

 味方が同点とした直後の3回は、阪神打線を再び3者凡退に封じたが、4回に勝ち越しを許した。先頭西岡の投ゴロを自らが弾くエラー。続く糸井には四球を与え、ロサリオの右前安打で無死満塁に。福留を遊ゴロ併殺打に打ち取ったが、この間に1点を奪われて勝ち越しを許した。

 5回を3者凡退に封じると、6回も高山、西岡、糸井の上位打線を3者凡退に斬った。6回を投げて101球に達していたが、7回もマウンドへ上がって続投。この回は1死から福留に右前安打、糸原には四球を与えて1死一、二塁とされ、2死から梅野に中前安打を浴びて2死満塁のピンチを招いた。

 代打・上本を打席に迎えると、球場は異様な熱気に包まれた。激励の声援が沸き起こり、1球1球に拍手と大歓声が沸いた。2ボール2ストライクからの5球目、上本を外角のカットボールで空振り三振に仕留めると、大きくグラブを叩いてガッツポーズ。ナゴヤドームは大歓声に包まれた。打線の援護なく1点のリードを奪われたまま降板となり白星の権利はつかめなかったが、7回123球を投げて4安打2失点の熱投だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」