野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 二刀流大谷にメジャーの洗礼 Rソックス驚異の強さ、16勝2敗は記録的好発進

二刀流大谷にメジャーの洗礼 Rソックス驚異の強さ、16勝2敗は記録的好発進

ア・リーグ東地区首位のレッドソックスと同西地区首位のエンゼルスの注目の3連戦はレッドソックスが怒涛の3連勝。開幕から投打で大活躍してきた大谷翔平にもメジャーの洗礼を浴びせた。3戦の通算スコアは27-3とまさにレッドソックスの圧勝だった。

開幕から16勝2敗と驚異的な強さを見せるレッドソックス【写真:Getty Images】
開幕から16勝2敗と驚異的な強さを見せるレッドソックス【写真:Getty Images】

レッドソックス・コーラ監督、開幕16勝2敗は新人監督で1900年以降初

 ア・リーグ東地区首位のレッドソックスと同西地区首位のエンゼルスの注目の3連戦はレッドソックスが怒涛の3連勝。開幕から投打で大活躍してきた大谷翔平にもメジャーの洗礼を浴びせた。3戦の通算スコアは27-3とまさにレッドソックスの圧勝だった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 初戦は大谷がメジャー3戦目の先発マウンドに上がったが、右手中指のマメの影響で2回3失点で降板。メジャー初黒星を喫した。2戦目もレッドソックスがポーセロの好投とデバースの満塁弾、モアランドの3安打4打点などで9-0と大勝。3戦目は大谷が6番・DHで出場したが4打数無安打3三振と封じられ、14安打で8点を奪ったレッドソックスが大勝した。レッドソックスはリードオフマンのベッツが3試合で4発と爆発。大谷も投打で苦汁をなめる結果となった。

 レッドソックスはここまでメジャートップの勝率.889。開幕16勝2敗のスタートを切った新人監督は、1900年以降としてはアレックス・コーラ監督が初となった。一方、エンゼルスは同一カード3連戦で11本塁打を浴びたのは1995年9月4-6日のオリオールズ以来となる球団ワーストタイ記録となった。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」