野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム清宮、4打数無安打 内角攻めに「ある意味、一歩前進したのかと」

日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手が21日、イースタンリーグのロッテ戦で「3番・一塁」で3試合連続のスタメン出場を果たしたが4打席無安打に終わった。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:細野能功】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:細野能功】

20日にはプロ1号、2号と2打席連続本塁打を放っていた

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手が21日、イースタンリーグのロッテ戦で「3番・一塁」で3試合連続のスタメン出場を果たしたが4打席無安打に終わった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 前日(20日)の同戦ではプロ初本塁打を含む2打席連続アーチを放った清宮。この日はロッテの左腕チェンに内角を攻められ、初回の第1打席は二ゴロ、第2打席は投ゴロ、2番手の岩下にかわった6回は空振り三振、9回も一ゴロと快音は響かず。

 清宮は試合後、「インコースをいい球で攻められ、自分のスイングが出来なかった。(初本塁打で)こういう攻め方をされるのも、逆に言えば、調子が上がってきてるかなと思う。打てなかった時は、こういうこともなかった。ある意味、一歩前進したのかと思っている」とプラスに捉えた。

 プロ初本塁打の映像は色々チェックしたそうで、「メールはいっぱいきました」とお祝いのメッセージも殺到。病気で出遅れはしたが、1軍昇格を目指す黄金ルーキーは着実にプロの階段を上がっている。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」