野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム有原が5回途中7失点KOで今季初黒星「中継ぎに迷惑をかけてしまった」

日本ハムの有原航平投手が21日、本拠地でのソフトバンク戦で今季初黒星を喫した。柳田のソロ本塁打など4回までに2点を失ったものの、7三振を奪うまずまずの立ち上がりを見せた右腕。だが、5回につかまった。内野安打などで1死一、二塁のピンチを迎えると、柳田にこの日3安打目となる適時二塁打を許す。さらに内川に2点滴時打、デスパイネにソロアーチを浴びてノックアウトされた。

ソフトバンク戦で今季初黒星を喫した日本ハム・有原【画像提供:(C)PLM】
ソフトバンク戦で今季初黒星を喫した日本ハム・有原【画像提供:(C)PLM】

吉井投手コーチは「向こうが対策してきて1枚上手だった」

 日本ハムの有原航平投手が21日、本拠地でのソフトバンク戦で今季初黒星を喫した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 柳田のソロ本塁打など4回までに2点を失ったものの、7三振を奪うまずまずの立ち上がりを見せた右腕。だが、5回につかまった。内野安打などで1死一、二塁のピンチを迎えると、柳田にこの日3安打目となる適時二塁打を許す。さらに内川に2点適時打、デスパイネにソロアーチを浴びてノックアウトされた。

 4回1/3、9安打7失点で降板した有原は「しっかり粘って、6回、7回、8回と投げなければいけないのに、中継ぎに迷惑をかけてしまった。(柳田には)前の打席も打たれていたので、もっと厳しいところというか、作戦を含めて考えなければいけなかった」と猛省。

 前日(20日)は先発のマルティネスが内角のカットボールを上手く使って、柳田を3打数無安打に封じた。有原も初回、柳田に対してカットボールを内角に投げ込んだが、右中間スタンドに運ばれた。吉井理人投手コーチは「向こうが対策してきて1枚上手だった」と分析した。

 5回は連打されると止まらない悪癖が出てしまった。「テンポと配球が一定で、バッターの波長に合ってしまった。やられるときはそういうパターン」と吉井投手コーチ。ボールそのものは悪くないだけにもったいない大量失点となった。

 2年連続の開幕投手を期待された今季は、2月上旬に右肩を痛め開幕は2軍スタート。今月14日のオリックス戦で今季初先発初勝利を挙げたばかり。出遅れた時間を取り戻すフル回転を誓っていたが、復帰2戦目で悔しい敗戦となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」