野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

連日活躍の中日モヤ 3打数3安打で3戦連続マルチ&打点、打率.750に

2連勝中の中日がスティーブン・モヤ外野手の活躍などで、序盤から着実に得点をあげた。22日、本拠地ナゴヤドームで行われた広島戦。3回までに3点を奪うと、助っ人砲は6回まで3打数3安打と、またもや大当たりとなっている。

3回に左前安打を放ち3試合連続マルチ安打を記録した中日のスティーブン・モヤ【写真:荒川祐史】
3回に左前安打を放ち3試合連続マルチ安打を記録した中日のスティーブン・モヤ【写真:荒川祐史】

2回に中前安打、3回の第2打席では3点目を生む左前安打

 2連勝中の中日がスティーブン・モヤ外野手の活躍などで、序盤から着実に得点を挙げた。22日、本拠地ナゴヤドームで行われた広島戦。3回までに3点を奪うと、助っ人砲は6回まで3打数3安打と、またもや大当たりとなっている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 先手を奪ったのは2回。1軍初昇格だった20日の同戦で4安打3打点、21日は2安打を放って決勝弾と連日活躍しているスティーブン・モヤ外野手が先頭で打席に立つと、3戦連続安打となる中前安打で出塁。平田の三ゴロで走者が入れ替わると、福田の左中間を破る二塁打で1点を先制。さらに大野奨の左翼への飛球が、バティスタの拙い守備で適時三塁打となって2点目を奪った。

 3回には先頭の大島が左前安打で出塁。2死二塁から、またもモヤが左前安打。これをバティスタが後逸する失策を犯して、大島が一気に本塁へと生還。リードを3点に広げた。これで3戦連続のマルチ安打としたモヤは6回の先頭打者で回ってきた第3打席でも右前安打。6回まで3打数3安打とし、打率は驚異の.750となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」