野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、23日は「フルゴリラ」 指揮官が使った専門用語に広報が混乱!?

大谷翔平、23日は「フルゴリラ」 指揮官が使った専門用語に広報が混乱!?

エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)の本拠地ジャイアンツ戦でスタメンから外れ、最後まで出場機会はなかった。試合前の監督会見では、二刀流右腕の次回登板について、質問が集中。その中でマイク・ソーシア監督がブルペン入りに向けて口にした「フルゴリラ」という言葉が話題となっており、米メディアも取り上げている。

「『スリークォーターゴリラ』かもしれない」には爆笑

 マクナミー広報はこの後、「では、明日は『フルゴリラ』プルペンですね」と確認。すると、指揮官は「そうだね。もしかしたら『スリークォーター(3/4)ゴリラ』かもしれないけど」と返答。このジョークに会見場は爆笑に包まれた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 この様子について、地元メディア「デイリー・ブリーズ」は「エンゼルスのルーキー、ショウヘイ・オオタニは『フルゴリラ』で次回ブルペン入りに臨む」とのタイトルで取り上げ、「通訳のグレース・マクナミー広報がこのフレーズを聞き直したり、意味合いを確認すると、エンゼルスの番記者たちからは笑い声が起こった。ソーシアは『フルゴリラ』に関して、『タッチ・アンド・フィール』よりも強度を上げた調整のことだと説明した」と伝えている。

 また、この「フルゴリラ」という言葉をソーシア監督が初めて聞いたのは、自身が70~80年代にドジャースで捕手を務めていた際だと語ったことも紹介。指揮官が「しばしば口にするフレーズ」であるとも言及し、「日本人記者たちはソーシアが冗談を言っているわけではないと確認できて安心したことだろう」としている。

 投手としてはここまで3試合登板で2勝1敗、防御率3.60、15イニングで19奪三振の成績を残している大谷。「フルゴリラ」を経て、メジャー4度目の先発へ挑むことになる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」