大谷翔平、白星消滅も示したポテンシャル 世界一名将「彼の球は優れている」

二塁打放ったブレグマン「多くの変化球を投げることはわかっていた」

 また、「彼の球数を増やすことができたし、プレッシャーも少しはかけられていたんだ。彼と対戦したことがなかったことを踏まえると、我々は本当にいい打席を送れていたと思うよ」と初対戦の内容に手応えを示しつつ、「だけど、彼は素晴らしい才能を備えている」と付け加えた。

 一方、2回に大谷から二塁打を放ったブレグマンも地元メディアの取材に「彼はいい選手だよ。僕たちは試合前に彼が多くの変化球を投げることはわかっていた。たぶんだけど、(エンゼルス捕手の)マルドナードがそういうサインを送るだろうと思っていたからね。彼は変化球をよく制球出来ていたと思う。彼はいい投手だよ。マウンドでしっかり投げていたね。対戦していて楽しい選手だ」と評している。

 ここ2試合で7失点を喫した大谷は、防御率も4.43まで悪化。それでも今季メジャーの先発投手で最速となる101マイルを記録するなどそのポテンシャルを示した。この日は球審の際どい判定もあり、苦しむ場面もあったが、同地区にいる昨季王者はさらに警戒心を強めた様子だ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY