野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAの19歳京山が2回途中7失点KO ここまで3戦全勝も、5安打5四球で炎上

DeNAの京山将弥投手が、2回途中でKOされた。25日、本拠地・横浜スタジアムで行われた広島戦。ここまで3試合に先発して無傷3勝をあげていた19歳が、4度目の先発で大炎上した。

試合は広島が大量リード中
試合は広島が大量リード中

2回に4安打4四球で大量6点を失う

 DeNAの京山将弥投手が、2回途中でKOされた。25日、本拠地・横浜スタジアムで行われた広島戦。ここまで3試合に先発して無傷3勝をあげていた19歳が、4度目の先発で大炎上した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 初回先頭の田中に死球を与えると、1死から丸に四球。4番の松山には中越えの適時二塁打を浴びて、いきなり先制点を許した。その裏、ロペスの2ランで味方が逆転してくれたものの、直後の2回に火だるまになった。

 先頭の野間を右前安打で出塁させると、2死まで持ち込んだが、田中に四球を与えると、菊池に中堅フェンス直撃の2点適時二塁打を浴びて再逆転を許した。丸に四球を与え、松山には適時二塁打。バティスタに四球を許して満塁とされ、安部には押し出しの四球を与えた。

 打者一巡し、再び野間に中前への2点適時打を浴びたところで、ラミレス監督がベンチから出て球審に投手交代を告げた。過去3試合で好投してきた京山だったが、1回2/3を投げて5安打5四球1死球と大荒れ。7失点でノックアウトとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」