野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハムが3連勝 高梨わずか91球完投で今季初勝利 オリはアルバース援護出来ず

日本ハムが息詰まる投手戦を制し、3連勝を飾った。25日、本拠地・札幌ドームで行われたオリックス戦。先発の高梨裕稔投手が、オリックス先発のアルバースに投げ勝ち、接戦をモノにした。

91球完投で今季初勝利をマークした日本ハム・高梨【画像:(C)PLM】
91球完投で今季初勝利をマークした日本ハム・高梨【画像:(C)PLM】

7回にレアードの適時打で先制した日本ハムは8回にも2点を追加

 日本ハムが息詰まる投手戦を制し、3連勝を飾った。25日、本拠地・札幌ドームで行われたオリックス戦。先発の高梨裕稔投手が、オリックス先発のアルバースに投げ勝ち、接戦をモノにした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 両チームゼロ行進を続けていた7回、日本ハムがついに均衡を破る。2死一、三塁でレアードが左前への適時打を放って、ついに1点を先制。さらに、代わった吉田一から清水が左前への適時打を放って1点を追加。2点をリードした。

 7回までオリックス打線を無得点に封じた先発の高梨は、8回1死二、三塁で安達に右犠飛を許して1点を奪われたものの、なおも2死三塁と一打同点のピンチでは吉田正を中飛に打ち取って最少失点で切り抜けた。8回を投げ終えて、なんと82球。8回に味方が2点を加えると、9回も投げ抜き、わずか91球完投で今季初勝利を飾った。

 オリックスは好投していたアルバースを援護できずに連敗。左腕は7回途中まで投げ、4安打2失点の好投だったが、敗戦投手となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」