野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人打線が大爆発、20得点大勝で5連勝&5割復帰 坂本勇&ゲレーロが4打点

巨人が25日、前橋で行われた中日戦で17安打で20点を奪い、20-4と大勝した。この日は坂本とゲレーロがともに4打点。岡本も5号2ランを含む2安打3打点と活躍した。先発の吉川光は5回2失点で今季初勝利を挙げた。巨人はこれで5連勝とし、5割復帰となった。

巨人vs中日の試合結果
巨人vs中日の試合結果

巨人が5連勝で5割復帰

 巨人が25日、前橋で行われた中日戦で17安打で20点を奪い、20-4と大勝した。この日は坂本とゲレーロがともに4打点。岡本も5号2ランを含む2安打3打点と活躍した。先発の吉川光は5回2失点で今季初勝利を挙げた。巨人はこれで5連勝とし、5割復帰となった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人打線が目の覚めるような猛攻を見せた。まずは3番ゲレーロが古巣相手に大暴れ。初回の第1打席で先制タイムリーを放つと、3回の第2打席でも2打席連続となるタイムリー。さらに3-1で迎えた4回2死一、二塁では右中間へ2点二塁打を記録し、3打席連続で打点を挙げた。

 その後も巨人打線は止まらず、5回には坂本の1号3ランなどで一挙8得点。6回にも4本のタイムリーなどで7点を奪った。5、6回は2イニング連続で打者一巡の猛攻となった。

 中日は今季初先発となった大野雄が4回5安打6四球で5失点と炎上。5回からマウンドに上がった笠原は5安打6失点で1死も奪えずKOされた。さらに3番手の三ツ間も1回2安打4四死球6失点。3投手連続で5失点以上と相手の勢いを止められなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」