野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、今季最少3安打で連勝ストップ 十亀痛恨被弾に辻監督「あの1球だけが…」

ソフトバンクに今季初黒星を喫した辻発彦監督は「今日は接戦は予定通りだった。十亀は良かった。素晴らしかったんだけどね、あの1球だけがね…」と、6回に先発の右腕が投じた1球を悔やんだ。

ソフトバンクvs西武の試合経過
ソフトバンクvs西武の試合経過

6回1死一、三塁で十亀が松田に勝ち越し3ランを浴びる

 西武の連勝が5でストップした。26日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。5試合連続9得点超と絶好調だった打線が今季最少の3安打に終わり、わずか1得点。ソフトバンクに今季初黒星を喫した辻発彦監督は「今日は接戦は予定通りだった。十亀は良かった。素晴らしかったんだけどね、あの1球だけがね…」と、6回に先発の右腕が投じた1球を悔やんだ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 同点で迎えた6回。1死一、三塁で、先発の十亀が打席に松田を迎えた。1ボール1ストライクからの3球目のカーブが甘く入ったところを、松田は逃してくれなかった。快音を響かせた打球は、左翼スタンドへ。3ランを浴びて、勝ち越しを許した。この試合まで、通算31打数20安打、5本塁打と大の苦手としている松田に痛恨の1発を浴びた。

 「1点は良かったんだよ。あと3回攻撃があったから。もったいなかったな。犠牲フライでも、併殺崩れでも良かったんだけど、ホームランはね」と嘆いた辻監督。この日は自慢の打線も、ソフトバンク先発の石川に封じ込まれた。散発3安打に終わり「テンポよく投げさせてしまった。いいところに投げられたら、そう簡単に打てるもんじゃない」と指揮官は語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」