野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

勝率2割台でパ最下位に低迷する楽天、弱点は「打線」と「救援投手陣」!?

NPB各チームはペナントレースの7分の1程度を消化し、各球団の勢力図が明らかになってきた。パ・リーグでは、昨年は快調なスタートを切った楽天が6勝16敗、勝率.273で最下位に沈んでいる。

楽天・梨田監督【写真:荒川祐史】
楽天・梨田監督【写真:荒川祐史】

6勝16敗の勝率.273と苦戦、チーム打率.218は最下位

 NPB各チームはペナントレースの7分の1程度を消化し、各球団の勢力図が明らかになってきた。パ・リーグでは、昨年は快調なスタートを切った楽天が6勝16敗、勝率.273で最下位に沈んでいる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 楽天の低迷の最大の原因は貧打だ。チーム打率.218は断トツで最下位となっている。

 規定打席以上の打者の成績。

15位 岡島豪郎 .279 2本塁打5打点
22位 ウィーラー.239 1本塁打3打点
23位 茂木栄五郎.235 0本塁打4打点
24位 島内宏明 .227 1本塁打1打点
25位 アマダ― .225 4本塁打9打点
34位 銀次 .211 1本塁打11打点
38位 ペゲーロ .167 3本塁打11打点

 開幕以来、レギュラーを固定しているが、ほとんどの選手のバットが湿っている。自慢の外国人トリオの本塁打は合わせて9本。西武・山川穂高1人の本塁打数と同じだ。今春、オープン戦で首位打者になった期待の内田靖人は3試合で9打数0安打、早々に2軍落ちした。新しい顔が出てきていないのも悩ましいところだ。

 楽天のチーム防御率は3.57でリーグ1位。投手陣はまずまず頑張っているが、打線の援護がない状態だ。ただ、楽天は防御率の根拠となる自責点は83だが、失点は91。失策が絡むなど自責点にならない失点が多いのも事実だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」