野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 緩急差約48キロ ダルビッシュの超遅球に米騒然「どうしたらこんな…」「必見」

緩急差約48キロ ダルビッシュの超遅球に米騒然「どうしたらこんな…」「必見」

カブスのダルビッシュ有投手が27日(日本時間28日)、本拠地ブルワーズ戦で好投を披露した。2回を除く毎回で走者を背負いながらも粘投し、6回を3安打1失点(自責0)。勝敗こそつかなかったが、8奪三振を記録したダルビッシュが投じた緩急差30マイル(約48キロ)のスローカーブが大きな話題に。MLB公式サイトも「どうしたらこんな緩急が?」「必見」と称賛している。

ブルワーズ戦で好投したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ブルワーズ戦で好投したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

打者を「凍りつかせた」ダルビッシュの“魔球”

 カブスのダルビッシュ有投手が27日(日本時間28日)、本拠地ブルワーズ戦で好投を披露した。2回を除く毎回で走者を背負いながらも粘投し、6回を3安打1失点(自責0)。勝敗こそつかなかったが、8奪三振を記録したダルビッシュが投じた緩急差30マイル(約48キロ)のスローカーブが大きな話題に。MLB公式サイトも「どうしたらこんな緩急が?」「必見」と称賛している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 本拠地リグレーフィールドに集まった地元ファンを、圧巻の投球で喜ばせた。

 そのハイライトは5回1死走者なしの場面で訪れた。打席に迎えたのは、マニー・ピーニャ。1ボール2ストライクから4球目の94マイル(約151キロ)内角高め速球をファウルされた右腕は、次の瞬間、想定外のボールで球場全体を沸かせた。

 ダルビッシュが繰り出した5球目は、なんと時速64マイル(約103キロ)のスローカーブ。打席のピーニャは速球と同じ腕の振りから飛び出してきたカーブの柔らかな軌道に動けず。ボールがストライクゾーンど真ん中に沈み込む様子を、呆然と見つめるしかなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」