野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 西武の快進撃、中日は松坂効果で大幅増か? GW前のNPB観客動員数

西武の快進撃、中日は松坂効果で大幅増か? GW前のNPB観客動員数

4月28日からゴールデンウィークがスタートした。NPBも9連戦が行われるなど変則スケジュールに突入している。今回は今季ここまで12球団の観客動員数を、昨年と比較しよう。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

パ・リーグの観客動員は昨季よりも微増

 4月28日からゴールデンウィークがスタートした。NPBも9連戦が行われるなど変則スケジュールに突入している。今回は今季ここまで12球団の観客動員数を、昨年と比較しよう。

【パ・リーグ 4月27日までの観客動員】数字は1試合平均

○ソフトバンク △1.5%
2018年 3万3296人(12試合 39万9547人)
2017年 3万2806人(11試合 36万0863人)

○日本ハム ▼6.2%
2018年 2万8667人(12試合 34万3998人)
2017年 3万0567人(8試合 24万4539人)

○西武 △19.9%
2018年 2万5012人(10試合 25万0117人)
2017年 2万0860人(11試合 22万9457人)

○楽天 ▼13.6%
2018年 2万3420人(14試合 32万7875人)
2017年 2万7122人(9試合 24万4095人)

○オリックス ▼9.9%
2018年 1万8992人(8試合 15万1938人)
2017年 2万1071人(13試合 27万3921人)

○ロッテ ▼2.0%
2018年 1万8728人(9試合 16万8549人)
2017年 1万9116人(13試合 24万8506人)

○パ・リーグ △2.5%
2018年 2万5262人(65試合 164万2024人)
2017年 2万4637人(65試合 160万1381人)

 パ・リーグ全体では微増だった。平均観客数は2.5万人を超えたが、各球団の動員にはばらつきがある。ソフトバンクは微増だが、毎年夏前から観客数が増える傾向にある。まずまず順調ではないか。

 日本ハムは昨年比6.2%減。24日からの札幌でのオリックス戦での観客数が2万人そこそこと伸び悩んだ。大谷翔平の移籍が影響している可能性はあるだろう。昨年、後半からチームの好調が続いている西武は、1試合当たり4000人以上増加。メットライフドームに観客が詰めかけている。

 昨年まで上昇傾向が続いていた楽天は、前年比13.6%減。地方球場での主催試合はなく、本拠地・楽天生命パークだけでの数字だ。チーム不振の影響があるのか。オリックスは、観客動員が2万人を割った。昨年も動員は低迷していたが、その傾向が続いている。

 ロッテは微減。昨年は開幕から不振だったが今季は盛り返している。それでも動員は増えていない。パ・リーグ全体での観客増の大半は、西武1球団の増加による。他球団は低迷していると言えよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」