野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ酒居が3回5失点 2戦連続KOに井口監督「今後は考え直さなくては」

ロッテ酒居知史投手が2試合連続で打ち込まれた。29日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で今季5度目の先発マウンドに上がったが、初回2死から2点を先制されるなど、3回5失点で降板した。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

2死から四球で失点重ねる

 ロッテ酒居知史投手が2試合連続で打ち込まれた。29日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で今季5度目の先発マウンドに上がったが、初回2死から2点を先制されるなど、3回5失点で降板した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 初回は杉谷、大田を連続三振に斬ったが、2死から西川を歩かせると、中田とアルシアに連続タイムリーを浴びた。その裏に打線がすかさず反撃して1点差としたが、2回にまたもや連続三振で2死とした後に中島卓、杉谷に連続四球。一、二塁としたところで、“恐怖の2番”大田に中前適時打を許した。3回には、レアードに真ん中高めの138キロを4号2ランとされ、3回を81球5失点で降板。「野手の人にも、中継ぎの人にも本当に申し訳ないです。それしか出てこない」とショックを隠せなかった。

 試合は、6回にルーキー藤岡裕が逆転タイムリー。投げては、4回から有吉、田中、大谷、シェッパーズ、内の5投手が1点差を守り切り、貴重な白星となった。

 だが、現在は9連戦の真っ只中。先発が早い回で崩れるのは厳しい。酒居は21日の西武戦でも5回を持たずに7失点KOされている。井口監督は次回の登板に関して明言を避けたが、「前回同様なので、今後のことはミーティングして考え直さなくては」とローテーション再編の可能性を口にした。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」