野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・松坂大輔6回1失点で4241日ぶり白星に笑顔 「久しぶりの勝利、最高です」

中日の松坂大輔投手が30日、本拠地ナゴヤドームで行われたDeNA戦で今季3度目の先発で6回3安打1失点で初勝利を挙げた。8四死球と毎回走者を出したが粘りの投球でDeNA打線を1失点に抑えた。2006年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりの白星を挙げた右腕はお立ち台で「久しぶりの勝利を味わうことができて最高です」と笑顔を見せた。

勝利の瞬間チームメイトと喜ぶ中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
勝利の瞬間チームメイトと喜ぶ中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

8四死球も失点は5回の押し出し四球による1点のみ

 中日の松坂大輔投手が30日、本拠地ナゴヤドームで行われたDeNA戦で今季3度目の先発で6回3安打1失点で初勝利を挙げた。8四死球と毎回走者を出したが粘りの投球でDeNA打線を1失点に抑えた。2006年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりの白星を挙げた右腕はお立ち台で「久しぶりの勝利を味わうことができて最高です」と笑顔を見せた。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 初回2死、横浜高校の後輩・筒香を迎えた初球には今季最速の144キロをマークするなど、松坂は初回からエンジン全開。5回に内野安打と2つの四球で1死満塁のピンチを背負ったが、宮崎への押し出し四球による1失点でしのいだ。ここを最少失点で切り抜けると、6回も走者を許しながら無失点と粘りの投球を見せた。

 今季3度目の先発マウンドは6回3安打8四死球1失点。114球の力投で白星を手にした右腕は本拠位でお立ち台に上がり「チームが苦しいときにこれだけの人が入ってくれて。久しぶりの勝利が味わうことができて最高です」と笑顔。ウイニングボールをナインから受け取り「ものに対しての執着心があまりないですが、今日のウイニングボールは特別なものになりました」と口にした。

 3者凡退は一度もなく、5回は1死満塁のピンチを背負ったが「最悪、ああいう形でも仕方ない、ああいう形のほうが最小失点で終わるんじゃないかと思っていました」と冷静に分析。5回を投げ終えた時点で森監督からは「もういいだろう」と降板を告げられたが「まだ投げたい気持ちありましたし。投げることしか考えてなかった」と志願の登板だったことを明かした。

 ゴールデンウイークに集まった大観衆のファンに向け「僕の年が近い人はわかると思うのですが、小さな子たちは僕が誰なのか分からない方が多いと思うので、なるべくヒーローインタビュー、テレビに出て小さい子たちにもまた、顔を覚えてもらえるように頑張りたいと思います」と笑いを誘った。

 今季初勝利を挙げスタートラインに立った松坂。今後の登板についても「一つも負けたくない、理想としては。できるだけ多く勝てるように頑張りたいと思います」と力を込めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」