野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日松坂、4241日ぶり白星に喜び爆発 「空きすぎていて抑えられなかった」

ついに、その時が訪れた。最後の打者ロペスの打球がフラフラと舞い上がり、遊撃・京田のグラブへと収まる。待ちに待った勝利の瞬間。「めちゃくちゃ嬉しかったです。喜びを爆発させるのはどうかと思ったけど、間が空きすぎていたし抑えられなかったです」。大歓声に沸くナゴヤドームのベンチで、中日・松坂大輔の笑顔が弾けた。今季3度目の先発となった30日のDeNA戦で、2006年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりの白星。チームメートとハイタッチを繰り返し、久々の勝利の味を噛み締めた。

ヒーローインタビューで笑顔を見せる中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
ヒーローインタビューで笑顔を見せる中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

6回8四死球も3安打1失点、勝利の喜びに「ああいう気持ちになったのは初めて」

 ついに、その時が訪れた。最後の打者ロペスの打球がフラフラと舞い上がり、遊撃・京田のグラブへと収まる。待ちに待った勝利の瞬間。「めちゃくちゃ嬉しかったです。喜びを爆発させるのはどうかと思ったけど、間が空きすぎていたし抑えられなかったです」。大歓声に沸くナゴヤドームのベンチで、中日・松坂大輔の笑顔が弾けた。今季3度目の先発となった30日のDeNA戦で、2006年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりの白星。チームメートとハイタッチを繰り返し、久々の勝利の味を噛み締めた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 中日ドラゴンズの一員として、初めて立ったお立ち台。満員札止めとなる今季最多3万6606人が集まった本拠地で「チームが苦しいときに、たくさんの人が入ってくれて、久しぶりの勝利を味わうことができて最高です」と喜びの第一声をあげた松坂。試合後には「勝って、どう表現していいのか分からないですけど、ああいう気持ちになったのは初めてか、久しぶりで忘れているのか、今までと違う感覚で(お立ち台に)立っていたと思いますね」とこの時の気持ちを振り返った。右肩故障を乗り越えての勝利。やはり特別なものだった。

 粘りの投球だった。与えた四死球はなんと8つ。毎回のように走者を背負いながらも、最後の最後のところで踏ん張った。DeNA打線に許したのはわずか3安打。5回に押し出し四球で1点を奪われたが、失点はこれだけで凌いだ。味方打線の援護は初回の3点だけだったが、6回114球を投げて、3安打1失点。リードを守り抜いて、今季3度目の登板で待望の勝利投手となった。

 右肩の故障に苦しみ続け、ようやく掴んだ白星。日米通じての勝利はメッツ時代の2014年まで遡るが、右腕の視線は未来にしか向いていなかった。「ここ何年も投げることができていなかった。今、試合に投げさせてもらえているだけで幸せなことで感謝していますけど、プロである以上、そこに結果が伴わないといけないので、結果を残していかないといけない気持ちが強いですね」。苦闘の日々は過去のこと。今は、1軍の先発投手として戦うこと、そして任されている以上は勝つことしか頭にはなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」