野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス、工藤監督の55歳の誕生日を勝利で飾る 就任4年目で誕生日4戦4勝

ソフトバンクが、工藤公康監督の55歳のバースデーを勝利で飾った。5日、本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦。柳田悠岐外野手が先制の8号2ランを放つと、武田翔太投手が今季チーム第1号となる完封勝利を収めた。就任4年目となった工藤監督だが、5月5日の誕生日は4戦4勝となった。

ソフトバンク・工藤公康監督【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・工藤公康監督【画像:(C)PLM】

内川は2000安打達成に王手

 ソフトバンクが、工藤公康監督の55歳のバースデーを勝利で飾った。5日、本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦。柳田悠岐外野手が先制の8号2ランを放つと、武田翔太投手が今季チーム第1号となる完封勝利を収めた。就任4年目となった工藤監督だが、5月5日の誕生日は4戦4勝となった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 4回1死一塁で、柳田が左中間スタンドへの2ランを放って2点を先制すると、6回2死二塁からデスパイネが右中間を破る適時二塁打を放って1点を追加した。このリードを武田がオリックス打線をわずか1安打に封じる完封で、守りきった。

 2000安打に2安打と迫っていた内川聖一内野手はこの日3打数1安打。王手をかけたものの、偉業達成は持ち越しとなった。

 オリックスは打線が抑え込まれ、わずか1安打しか打てずに完封負けとなった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」