野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1安打完封負けのオリ福良監督「どうしようもない」 助っ人大不振に「悪過ぎ」

オリックスが今季最少タイの1安打に終わり、完封負けを喫した。5日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。相手先発の武田翔太の前に打線が完全に沈黙して終わり、試合後、福良淳一監督は「どうしようもないですね」と嘆くしかなかった。

オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】

ルーキー福田が放った1安打のみに終わり、完封負け

 オリックスが今季最少タイの1安打に終わり、完封負けを喫した。5日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。相手先発の武田翔太の前に打線が完全に沈黙して終わり、試合後、福良淳一監督は「どうしようもないですね」と嘆くしかなかった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 初回から凡打の山を築いたオリックス打線。この日唯一の安打は3回1死でルーキーの福田周平が放った右翼線への二塁打。これも得点には結びつかず、2つの四球を含めて走者はわずか3人だけ。得点の匂いもないままに敗れ去った。

 特に深刻なのがロメロ、マレーロの助っ人。打線の中核となるべき助っ人2人がともに3試合連続ノーヒット。ロメロがここ5試合で17打数1安打で5三振、マレーロは16打数2安打で8三振と、完全にブレーキとなってしまっているだけに、指揮官も「ちょっと内容的にも悪過ぎるかなというのはある。打ってもらわないと困る2人なのに」と頭を抱えた。

 ゴールデンウィークの9連戦も残すところ、あと1試合。5勝3敗と勝ち越しを決めているオリックスだが、6日の試合に勝って気持ちよくゴールデンウィークを締めくくれるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」